washingtonplace.jpg
写真提供:メロディのマラソン旅日記様  

ワシントンプレイスとは、オアフ島ホノルルダウンタウンの白亜の館です。

王座を追われたリリウオカラニが、1917年に亡くなるまでの失意の日々を、この屋敷で過ごしました。
そのせいでしょうか、この屋敷には怪現象も起こる?というお話もあるようです。
真意の程はさだかではありませんが。

この建物は1846年にニューヨーク出身の商船船長ジョン・ドミノスによって建てられました。
その後、ジョン・ドミノスは亡くなってしまったので、妻のメリーと息子のジョン・オーウェンに受け継がれました。
そのジョン・オーウェンと結婚したのがリリウオカラニなのです。

ワシントンプレイスと呼ばれるようになったのは、アメリカ合衆国マウントバーノンのジョージ・ワシントン大統領邸にそっくりだだったからだそうです。
 その後はハワイ州知事の官邸として、1922年以来、歴代の州知事13人が生活しました。

現在は全館をミュージアムとして公開するべく、準備が着々と進行中だそうですが、毎週水曜日に限り、予約制で個人ツアーを行っているほか、クリスマスやイースターなどの特別な機会にオープンハウス(一般公開)も催され、100年以上も前の女王の生活の様子を垣間見ることができます。